Internet use situation in Thailand (2018)

2018's Internet use situation in Thailand with latest survey data

タイで生活していると、電車などの交通機関や店舗の中、道端など、至る場所でスマートフォンを操作している人をよく見かけます。画面を覗き見すると、大抵の人がSNSや検索など、インターネットを利用しているように見えます。

実際のところ、現在タイではどのくらいの人がどのようにインターネットを利用しているのでしょうか。その実態について調べました。

情報収集に役立つ資料

We Are Socialが発行するレポート

We Are Socialはイギリス・ロンドンが本拠地の世界各国に拠点を持つグローバルエージェンシーです。主にSNSコンサルティングなどを手掛けており、毎年世界各国のインターネット利用状況に関するボリュームあるレポートをWebサイト上で発表しています。

本記事ではこのレポートから内容を抜粋し(タイは67ページから)、またイメージしやすいように、日本の状況との比較を交えながらタイのインターネット利用状況についてお伝えします。

 

タイのインターネット利用状況

インターネット利用率

2018年1月時点でのタイのインターネット利用率は人口の82%、人数にすると5,700万人になります。2017年1月時点の利用率は人口の67%、4,600万人だったため、1年間で約24%増加しています。

(2017年1月の状況)

対して日本のインターネット利用率は人口の93%(増加率は前年比0.6%)で高水準が続いていますが、タイも急激にこの状態に近付いてきていると言えます。

利用デバイス

タイの多くの人々がインターネットを利用していることは分かりました。しかしインターネットと一言で言ってもスマートフォンやPC、タブレット、ウェアラブルデバイスなど様々なデバイスがありますが、実際にはどのデバイスを利用しているのでしょうか。

タイのデバイスの利用率は、PCよりスマートフォンが高いです。日本では逆で、スマートフォンよりもPCの利用率が高く、またスマートフォンの利用率は日本よりもタイの方が高いです。日本ではPCからじわじわと、タイではスマートフォンから一気にインターネットが広がったことが分かります。

インターネット利用時間

タイの人々は、1日のうちなんと9時間半もインターネットを利用しています。24時間のうち睡眠を7時間、起きている時間を17時間とすると、起きている時間の半分以上をインターネットに費やしていることになります。またそのうちの約3割の3時間をSNSが占めています。ストリーミング型の音楽配信サービスの利用も多いことが分かります。

対して日本はどの項目もタイより少ないです。

日本でも色々な場所でスマートフォンを操作する人を見かけるためインターネットの利用時間が多いように見えますが、こうして数字で比べると、いかにタイの人々がインターネットのヘビーユーザーであるかが分かります。

 
デバイス別のインターネット上トラフィック

インターネット上のトラフィックのデバイス別シェアは、タイと日本で真逆になります。

タイでは全トラフィックの約3割がPC、7割がスマートフォンです。

日本では逆で、PC7対スマートフォン3になります。タイではスマホに最適化されたプラットフォームの重要さが分かります。

 
タイのSNS利用概要

SNS利用率

タイのSNSユーザー数は5,100万人で、人口の74%です。冒頭でご紹介したインターネット利用者数が5,700万人であるため、そのうちの約9割がSNSを利用していることになります。

日本では総人口の多さから、SNSユーザー数自体はタイよりも多い7,100万人ですが、これは人口の56%、インターネット利用者の60%になり、SNSの利用率はタイよりも低いと言えます。

利用SNS

よく利用されているSNSは、FacebookやYoutube、Instagramなど世界的にメジャーなものが、タイと日本双方で上位にランクインされています。

日本ではTwitterがFacebookよりも上位にランクインしており、Twitterの強さが見えます。

Facebook利用状況

タイの月間Facebookアクティブユーザーは5,100万人で、タイのSNSユーザー数と同じです。タイのSNSユーザーイコールFacebookユーザーと言えます。

日本のFacebookアクティブユーザー数はタイよりも少ないです。

Facebookユーザーの年齢別内訳です。タイは10代後半~30代前半の若者が最大ボリュームゾーンで、40代以降になると一気に少なくなります。

日本のボリュームゾーンはタイより少し後ろで、20代中盤~50代まで幅広い世代が利用しています。

タイと日本の人口ピラミッドは似ていて両国とも少子化なため、この年代別Facebookユーザー層の違いは興味深いです。

 

Instagram利用状況

一方でInstagramの利用状況は、タイと日本で似た傾向が見られます。タイは人口の19%、約1,300万人がアクティブユーザーです。

それに対して日本のInstagramアクティブユーザー数は人口の17%の2,200万人と、タイと同じような割合です。

さいごに

日本との比較を通して、タイのインターネット利用状況について一部ですがご紹介させて頂きました。本レポートには他にも興味深いスライドがあるので、ぜひご覧ください。

弊社ではタイ市場向けのデジタルマーケティングのお手伝いをさせて頂いております。お困りごとがございましたらぜひ弊社までお気軽にご相談ください