タイやマレーシアで検索結果上位に表示されるコンテンツ作成法3つのポイント

「読んでもらえるコンテンツとは?」を意識すればサイトアクセス数やお問い合わせ数の向上に繋げていけます!

実はコンテンツを作成している多くの人が間違ったコンテンツの書き方をしています。ウェブサイトに掲載するコンテンツ記事の目的は、サイトの集客力を高め、最終的に見込み客の獲得や売上拡大、ブランディングなどの成果につなげることです。せっかくウェブサイトを立ち上げても、ただ立ち上げただけでは誰もアクセスしてくれません。サイトが検索上位に表示されなければアクセスされず、存在を知られることもお問い合わせにつながることもありません。今回は検索結果上位に表示されるために知っておくべきコンテンツの書き方のポイントをご説明したいと思います。

はじめに

2021年現在、タイのインターネット利用者はおよそ5,500万人です。現在タイの人口は約7,000万人ですので人口の75%が日々インターネットを利用しています。また、年々増える傾向にあり、2025年には約6,200万人になると予測されています。

(出典:https://www.statista.com)

(出典:https://datareportal.com/reports/digital-2020-thailand

そんなインターネットの利用者が増えるタイでもっとも使われているインターネット媒体は、というと検索エンジンGoogleです。

これは、ネットユーザーが日常的に検索エンジンで欲しい情報を探していることを意味しています。そのため、多くの企業では自社ウェブサイト内にユーザーが求めているであろうコンテンツを作成、掲載して自社ウェブサイトへの流入を図っています。ウェブを通じたコミュニケーションを活性化させることでお問い合わせや商談への道筋を確保できるからです。
つまり、まずはウェブサイトをGoogleの検索結果の上位に表示させ、ユーザーからアクセスしてもらえるウェブサイト作りをしなければなりません。
検索結果上位に表示されるということは、ユーザーからも検索エンジンGoogleからも評価されたコンテンツであることを意味します。
アクセス数を獲得するためには、ウェブサイトにユーザーからも検索エンジンGoogleからも評価される有益な情報が掲載されていることが必要なのです。

冒頭でもお伝えしたように、ウェブサイトに掲載するコンテンツの目的は、集客力を高め、最終的には見込み顧客の獲得やお問い合わせ、成約につなげることです。それにはアクセスの獲得はもちろん、ユーザーがウェブサイトを離脱せず多くの情報を閲覧し、企業側で設定した最終ゴール(閲覧後ユーザーの購買意欲を高め問い合わせにつなげる、など)に到達することが重要になります。

「質の高いコンテンツの書き方を知りたい」
「効果を出せるコンテンツの書き方を身につけたい」

という方に向けて、書き方のポイントをまとめましたので参考にして頂ければ嬉しいです。

コンテンツ作成で心がけたいポイント

コンテンツを書く上でもっとも心がけたいポイントは「ユーザー目線」です。
このユーザー目線は、Googleが評価する重要な要素の一つです。

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。

※引用元:Google が掲げる 10 の事実

 

また、Googleは以下のようにも推奨しています。

検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。

※引用元:ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン) – Search Console ヘルプ

 

つまり、ユーザー目線でコンテンツを作成することは極めて大事な要素なのです。
それを意識して質の高いコンテンツを作成するためには、以下の3つのポイントが必要です。

  1. ユーザーの検索意図に合っているか
  2. 読み進めたくなる構成になっているか
  3. 分かりやすく作られているか

ユーザーが求める情報を提供していて、見やすい構成になっていて、分かりやすい言葉遣いや説明がされているかどうかがコンテンツを書くことで重要になります。

1.ユーザーの検索意図に合っているか

検索意図とは、Googleの検索エンジンでユーザーが検索をした際に、なぜそのキーワードで検索したのか? 何を知りたいのか?といったユーザーの「目的」のことを指します。
私自身もそうですが、ユーザーは何かしらの目的を持って検索エンジンにキーワードを打ち込みます。ユーザーに読まれるコンテンツを作成するためにはこのユーザーの「検索意図=目的」を把握することが重要になります。
たとえば、「アクセス数 向上」のキーワードが使用された場合は、ウェブサイトのアクセス数を増やしたいんだと考えられます。さらに「なぜそれを知りたいのか?」と掘っていくと、おそらく「ウェブサイトはあるものの、なかなかアクセス数が増えないので解決策を知りたい」「お問い合わせに繋げたいのにアクセス数が少ない。増やしたいけど改善策が分からない」といったユーザーが本当に知りたいことが推測できます。ユーザーが本当に知りたいことを把握することで、そのためにはどのような内容を含むべきか、自然に検索意図を満たす内容がわかっていきます。

また、コンテンツ内容の閲覧後にどのような行動を起こして欲しいのか、そのゴールを設定することも重要です。ゴールを設定し、そのゴールを満たすにはどのような情報を含めばいいのかを逆算すれば、よりユーザー満足度の得られるコンテンツの作成が可能になります。

それでは具体的な例を挙げていきます。

「アクセス数 向上」で検索している場合

ユーザーの検索意図(目的):
サイトのアクセス数を増やしたい

ユーザーの本当に知りたいこと:
ウェブサイトはあるもののなかなかアクセス数が増えないので解決策を知りたい

コンテンツを読んだ後のユーザー意識(ゴール):
例:内容をもとに実践してみよう
例:自社では難しいからこの会社にお願いしてみようかな

検索意図(目的)を満たす内容例:

  • アクセス数が上がらない現状課題をあげる
  • アクセス数が上がる方法、解決策をつたえる

コンテンツを読んだ後のユーザー意識(ゴール)を導く内容例 :

  • 実践すべき手順や方法
  • 自社の強みを伝える
  • お問い合わせに誘導する など
     

このように検索意図を深く把握することと、コンテンツを読み終えた後どのような意識変容を期待するか、のゴールの設定をすることで伝えるべき情報や内容を具体化することができるのです。

2.読み進めたくなる構成になっているか

SEOを意識したコンテンツ作成の目的は、見込み顧客に自社の商品、サービスやブランドの認知向上、さらにお問い合わせをしていただき、最終的には成約につなげることです。そのため、閲覧途中で離脱されてしまわないよう、いかに読み進めたくなる作りになっているかが重要になります。
まずコンテンツ全体の構成についてそれぞれ見ていきます。

タイトル

タイトルはユーザーがその記事を読むか読まないかを判断する最大の要素になります。

  • 「何を得られるか」「何を解決できるか」分かる
  •  ひと目でコンテンツの内容を想像できる
  • 興味を惹きつける

といったポイントを意識することを心がけます。せっかく検索上位に表示されたコンテンツもタイトルで「ピンとこない」「難しそう」などと判断され、アクセスに繋がらない場合もあるからです。なので、「自分のためのコンテンツだ!」とユーザーがわかるようなタイトルをつけましょう。

また、興味を惹きつけるには説得力が増すような数字などを含むと効果的です。
以下のような例があげられます。

  • 5つのポイント
  • 3つの理由
  • 20年のプロが教える
  • 40%UPする方法
  • チェックしたい6つの項目
  • 気を付けるべき8つの要素

導入文

導入文はタイトルと同様、コンテンツを読み進めようと判断される重要な要素になります。ユーザーをひきつける導入文を書き「読み進めば有益な情報がありますよ」と伝えるのが目的です。それには、ユーザーの検索意図を満たす本文に導くための文言になっていることが大事です。検索意図(目的)に対してどのようにしたら解決できるか(検索意図を満たす内容)を意識すればわかりやすい導入文を書くことができます。

実際、私が作成しているこのコンテンツ記事自体の導入文には「実はコンテンツを作成している多くの人が間違ったコンテンツの書き方をしています。」と記載してあります。これを読んだ方はきっと「そうか!だから検索上位になかなか表示されないのでは?」「今までの書き方は間違ってたの?何が正しいんだろう?」など興味をお持ちになり、続きを読み進めたいと思われるだろうと想定したからです。

ユーザーがページの途中で離脱せず最後までしっかりと読んでくれるということは、それだけ満足していただいているということですので、ユーザーの評価が上がります。ユーザーの評価が上がるという事でGoogleは「ユーザーにとって有益な情報」と判断し、検索上位に表示してくれるということになります。

本文

当然ながら本文はユーザーの満足度を大きく左右する部分になります。また、本文にはタイトルと関連した内容を含むよう心がける必要があります。ページにアクセスするユーザーは検索エンジンにキーワードを打ち込み、検索結果に表示されたウェブサイトにアクセスします。この時に検索意図と合っているタイトルをクリックして訪問したとしても、タイトルとマッチしていない本文であれば、ユーザーは期待外れだと感じ、満足せずに離脱してしまいます。検索意図に合った内容をどれだけ信憑性を持ってユーザーの共感を得られるかでユーザーにとっての価値が決まります。
それによりGoogleからも評価され検索上位に表示されやすくなります。

信憑性を高める方法としては、具体的なデータの記載、活用事例の紹介、専門家や有名な公式サイトの言葉の引用、メリット・デメリット双方ともの紹介などがあります。

例えば、以下のようになります。

  • NG例:タイでもっとも導入されているソリューション
  • OK例:導入後の業務効率化が平均40%改善されたソリューション
  • NG例:非常に好評な商品・サービスです
  • OK例:タイの日系企業100社以上に導入いただいた実績があります

OK例のように具体的な数字を入れることで信憑性を高めていけますので、積極的に具体例や数字を入れることを心がけましょう。

また、一般的な情報だけでなく、独自の考えなどを含むことでオリジナリティーも高まり、さらに信憑性が増しますので、自社の強みや他と違うアピールポイントを強調するとより良い効果が期待できるでしょう。

さらに、本文では文章だけでは伝わりにくいこともありますので、画像やグラフ、表などを上手く活用しながら構成するとユーザーにとって親切です。図解することでユーザーの理解も深まり満足度につながるため最終的にGoogleからの評価も高くなるということです。

まとめ文

まとめ文はコンテンツ全体のおさらいをしてユーザーに次とるべき行動へ導く文として非常に重要な部分です。コンテンツ内で紹介した自社の商品やサービスに対して直接お問い合わせください、ご相談ください、といった文言をいれることで「まずは相談してみようかな」などと行動を促す効果が出てきます。最終的にユーザーがどのアクションをとるべきなのかという「解決策」をわかりやすく簡潔にまとめて文章を作ってあげると親切です。

3.分かりやすく作られているか

コンテンツ作成で多くの場合おろそかになってしまうのが「分かりやすく」書かれているかどうかです。
具体的に2つのポイントを意識する必要があります。

 

ユーザーの理解力にあっている

自社のサービスや商品に詳しいスタッフがコンテンツを作成する場合、専門用語や業界用語といった「分かりにくい用語」が多く使用される傾向があるため、ターゲットユーザーにとって読みづらい印象を与えてしまうケースが多いです。こういった読みづらいコンテンツはユーザーの離脱を引き起こし、Googleからの評価に影響してしまいます。

ただ、ここで申し上げたいのは、単純に作成するコンテンツに専門用語、業界用語を使用してはいけないのではなく、コンテンツを読んでもらいたいターゲット層のリテラシーを想定、把握しながらその水準に合わせて作成することが重要だということなのです。
例えば「デジタルマーケティング」の例でいうと、同じ業界に向けたコンテンツを作成する場合、そこまで専門用語や業界用語を避ける必要はないのですが、全く違う分野の潜在顧客層に読んでもらいたい場合、「デジタル」という単語がそもそもピンとこないと想定できますので、伝え方を変えたり、分かりやすい単語や言葉に置き換えたりしながら作成する必要があります。

「誰に」向けたコンテンツなのかを設定し、そのターゲットの理解力、リテラシーの想定をしていくと書くべき内容や言葉、伝え方が見えてくるはずです。

 

読みやすい構成になっている

ユーザーに途中で離脱されてしまうコンテンツはあまり良いコンテンツとは言えません。ユーザーは知りたい情報を求め検索エンジンやサイトを回遊する傾向がありますので、まずユーザーの知りたいことが書かれていないと「私の欲しい情報じゃない」と判断されすぐに離脱されてしまいます。その問題を解決するためにもっとも評価が高い手法がPREP法です。

Point(結論):結論は〇〇です。
Reason(理由):なぜなら、~
Example(例):たとえば、~
Point(結論/まとめ):したがって〇〇です。

この構成を意識した例がこちらです。

 

「デジタルマーケティング」の場合

Point【結論】 「コロナの影響で対面営業に制約があるタイでは、デジタルマーケティングは今非常に重要になってきました」
Reason【理由】 「なぜなら、オンラインで情報収集をする企業担当者も増加、直接訪問をせずにウェブサイトを通じてのお問い合わせから商談に繋がるケースが増えてきているからです。」
Example【考えや事例など】 「たとえば最近タイでは、〇〇〇〇が問題になっています」
Point【結論(まとめ)】 「ゆえに、デジタルマーケティングは重要です

 

「生産管理システム(ソリューション)」の場合

Point【結論】「業務効率化が喫緊の課題となっているタイの製造業では、生産管理システムの導入などのデジタル化が進んでいます」
Reason【理由】「なぜなら、生産管理システムを活用することで、生産工程が可視化され属人化の解消に繋がるからです。」
Example【考えや事例など】「たとえば最近タイでは、〇〇〇〇が課題になっています」
Point【結論(まとめ)】「ゆえに、生産管理システムの導入などのデジタル化は重要です」

このように何を一番に伝えたいのかといった結論を一番はじめにもってきて、その結論をサポートする内容が含まれていればユーザーにとってわかりやすくまとまっている、とても読みやすいコンテンツが作成できます。

まとめ

今回は検索結果上位に表示されるために知っておくべきコンテンツの書き方3つのポイントを解説しました。

  1. ユーザーの検索意図に合っているか
  2. 読み進めたくなる構成になっているか
  3. 分かりやすく作られているか

良いコンテンツを作成するポイントはつねに「ユーザー目線」を忘れないことです。Googleは、検索結果でユーザーにとって有益な情報を提供することを最大の目的としているので、このユーザー目線こそがGoogleが評価する重要な要素になります。ユーザー目線を意識したコンテンツの書き方を意識しながら作成すれば、Googleからの評価が得られ、検索結果の上位に表示されるようになるでしょう。
サイトが検索結果の上位に表示されるようになれば、最終的にサイトアクセス数向上やお問い合わせに繋がると考えています。
今回紹介した内容を参考にして頂けると嬉しいです。

タイやマレーシア、アジア各国でウェブサイトを立ち上げたけどアクセス数があがらない、お問い合わせに繋がらない等、お悩みごとなどございましたら、コンテンツSEOを始めてみるのをお勧めします。弊社ではコンテンツSEOを始めるうえで重要なキーワード分析からコンテンツ案のコンサルテーションもご提供しており、タイやマレーシア、アジア各国でデジタルマーケティングの支援をさせて頂いてます。まずは現状でお悩み事等ございましたらお気軽にご相談ください!

お問い合わせする