本セミナーは終了いたしました。ご来場ありがとうございました。
クアラルンプール 6/5 (火)・バンコク6/8 (金) の2都市開催!
旧KKD(勘・経験・度胸)から新KKD(仮説・検証・データ分析)へ。
デジタルマーケティング戦略最前線セミナー

2011年に開催された世界経済フォーラムにて「パーソナルデータは新しい『原油』になる」と発表されてから7年ほど経ちます。この言葉を裏付けるかのように、近年B2B・B2Cを問わず様々な企業がデータをビジネスに活用し、成果を上げるようになりました。

『データ』には、売上データ、Webアクセスデータ、顧客属性データ、カスタマーサポートへの問い合わせログ等、様々な種類があります。そしてデータ活用の目的も、売り上げ向上、キャンペーンのROI向上、リード(見込み客)の創出や商談化率の向上など、多岐にわたります。

データの種類や活用目的は事業環境状況やビジネスモデルにより異なりますが、共通点は「データドリブン」、つまり勘や経験だけでなく、データという客観的事実に基づいた意思決定をしている点です。

行動様式がある程度予測できる日本国内であれば勘や経験で何とか乗り切れたとしても、人種、宗教、文化や習慣が異なるタイやマレーシア市場では通用し難くなります。データの重要性はさらに大きくなるのです。

データ活用戦略を作るには、まずは具体的にどのようなデータが必要で、それらをどのように利用し、どのようなベネフィットを得るかという一連の流れをイメージすることが重要です。

今回のセミナーでは、東南アジアや日本にてデータドリブンマーケティングに取り組む各社により、デジタルマーケティングの最新事例や具体的な手法についてお届けします。

こんな方におすすめ

  • 現地市場が日本のビジネス環境と異なり、戦略づくりに苦労している
  • 手元に活用できそうなデータが眠っているが、何から着手をすれば良いか分からない
  • データ活用に興味があり、データ活用の全体像をイメージしたい
  • これまでのマーケティング手法では手詰まり感があり、何か新しい戦略を考えたい

セミナー概要

プログラム(クアラルンプール)

第一部(基調講演)

デジタルが実現させるBtoB企業の営業貢献とブランディング
~NECのデジタルマーケティングの取り組み~

BtoBビジネスのマーケティングにおいて、Webやデジタルにはどのような役割が求められているのでしょうか。NECでは、1990年代後半より、Webやメルマガを活用したリード獲得に取り組んでおり、営業部門と連携した活動に発展しています。今般、その具体的な事例も含め、デジタルマーケティング取り組みの活動をご紹介します。

  • BtoBビジネスにおけるデジタル活用
  • コンテンツマーケティング
  • リードジェネレーション

公益社団法人 日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会 代表幹事
日本電気株式会社 IMC本部 シニアエキスパート
 
田中 滋子様


第二部

ゼロから分かるCRM / AI・ディープラーニングで変える顧客リレーション
(前半セッション)

東南アジア市場においても日本と同様に消費者ニーズが多様化し、企業間の競争が激化しています。顧客数の激増が難しい中で中長期的に売り上げを伸ばすためには、過去に購入経験のある既存顧客と関係構築をし、LTV(顧客生涯価値:顧客が生涯を通じて企業にもたらす利益)の最大化を目指すCRMが効果的です。CRMとは何か、基本的な概要やプロセスを紹介します。

  • 顧客をリピーターに育成する “CRM”とは
  • CRMの実施フロー
  • 海外拠点ならではのCRM実施の課題と解決策

icomm avenu group
代表取締役 山森 淳


(後半セッション)

近年、画像認識やテキスト分析、音声認識等、様々な手法によるAI(人工知能)のビジネス活用が話題になっていますが、AIはCRMの分野でも力を発揮します。今回はAIの中でもディープラーニングにフォーカス。顧客リレーションを変えるAI最新事例をご紹介します。

  • AIの革命児 ディープラーニングとは?
  • AIのタイプ別分類
  • 顧客リレーションを変えるAI活用事例

株式会社イー・エージェンシー
取締役 野口 竜司


第三部

【AI x デジタルマーケティング最前線】
~日本のグローバル企業採用でトップシェアを持つサーチエンジン屋の視点から~

人工知能(AI)が3度目のブームを迎えています。自動運転車や人型ロボットなどに人工知能が搭載され、その性能が注目されていますが、デジタルマーケティングの分野でもAI利用は進んでいます。今回はサイトサーチのログを使ったAIデジタルマーケティングの最新事例をご紹介させていただきます。

  • サイトサーチのログ(と、アクセスログ)を使ったAIデジタルマーケティングの最新事例 > 自動車T
  • CRM,BIツールと連動したマーケティングオートメーションの最新事例 > 横河電機

MARS FLAG Corporation
代表取締役 武井 信也


第四部

テクノロジーで進化するアナリティクス

ますます日本国内の事業環境が厳しくなる中で成長が期待されるアジアパシフィック。現地企業の持つ様々なデータを安全に分析・活用しながら、どのように事業を効率化し、収益を向上させるかが生き残りの鍵になってきています。

その取り組みの概要や成功事例をわかりやすく解説していきます。

  • 進化するアナリティクスのテクノロジー
  • アナリティクス活用事例
  • アナリティクスの未来

NTT DATA Malaysia
コンサルティング&マーケティング マネージャー 島村 武孝



講師紹介

公益社団法人 日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会 代表幹事
日本電気株式会社 IMC本部 シニアエキスパート

田中 滋子様

NEC入社後、1996年よりBtoBソリューション系サイトの企画運営、Webマーケティングに携わる。NECグループグローバルWeb統合PJを経て、現在、NECグループのWeb活動全体を統括。2015年より、日本アドバタイザーズ協会Web広告研究会代表幹事も務める。

icomm avenu group

代表取締役 山森 淳

日系広告代理店のマレーシア支社立ち上げを経て、1999年にマレーシアにてデジタルマーケティング事業を支援するicomm avenu groupを起業。2年後の2001年に同社タイ拠点を立ち上げ、マレーシアとタイの両拠点で数々の顧客の成長をサポート。

株式会社イー・エージェンシー

取締役 野口 竜司

(株)イー・エージェンシー でGoogle アナリティクス360 を中心とした行動データやCRMデータ/店舗データ等のデータ統合を推進。さらには統合データを使ったAI(ディープラーニング)による予測モデルの開発や、データ駆動型組織づくりの支援を実施。アドテック東京2018のアドバイザリーボードに就任。

MARS FLAG Corporation

代表取締役 武井 信也

株式会社マーズフラッグ創業者・代表取締役社長。
20代前半イベント・映像制作の Ray に参加し、黎明期のWeb制作に関わる。Ray の株式公開前にサーチエンジンの研究開発会社、株式会社マーズフラッグの前身となる会社を起業する。1999年、GMOの熊谷正寿、穐田誉輝らと広告オークションサイト「株式会社サイバーコム(株式会社アド・マーケットプレイス)」を創業、取締役就任。
2001年DAC(デジタル・アドバタイズ・コンソーシアム)としてナスダック・ジャパンに株式公開・同年取締役辞任。

NTT DATA Malaysia

コンサルティング&マーケティング マネージャー 島村 武孝

2016年に株式会社NTTDATAからNTTDATAマレーシアに赴任。インフラやSAPなど基幹システムの販売導入からRPA、データ分析ツールといったアプリケーションまで幅広く企業のデジタル改革への支援を行なっている。



詳細

日時
2018年6月5日(火)13:30~17:00(13:00開場)
定員
35名
参加費
無料
使用言語
日本語
対象
経営/マーケティング/営業/IT ご担当者様
会場
e.City Hotel @ One City 内 の Meeting Room (SkyPark @ One City, Rooftop Level R)
住所
Jalan USJ 25/1, 47650 Subang Jaya, Selangor Darul Ehsan. Malaysia(Wazeでは e.City Hotel @ One City で出て来るかと存じます)
地図

プログラム(バンコク)

第一部(基調講演)

デジタルが実現させるBtoB企業の営業貢献とブランディング
~NECのデジタルマーケティングの取り組み~

BtoBビジネスのマーケティングにおいて、Webやデジタルにはどのような役割が求められているのでしょうか。NECでは、1990年代後半より、Webやメルマガを活用したリード獲得に取り組んでおり、営業部門と連携した活動に発展しています。今般、その具体的な事例も含め、デジタルマーケティング取り組みの活動をご紹介します。

  • BtoBビジネスにおけるデジタル活用
  • コンテンツマーケティング
  • リードジェネレーション

公益社団法人 日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会 代表幹事
日本電気株式会社 IMC本部 シニアエキスパート
 
田中 滋子様


第二部

ゼロから分かるCRM / AI・ディープラーニングで変える顧客リレーション
(前半セッション)

東南アジア市場においても日本と同様に消費者ニーズが多様化し、企業間の競争が激化しています。顧客数の激増が難しい中で中長期的に売り上げを伸ばすためには、過去に購入経験のある既存顧客と関係構築をし、LTV(顧客生涯価値:顧客が生涯を通じて企業にもたらす利益)の最大化を目指すCRMが効果的です。CRMとは何か、基本的な概要やプロセスを紹介します。

  • 顧客をリピーターに育成する “CRM”とは
  • CRMの実施フロー
  • 海外拠点ならではのCRM実施の課題と解決策

icomm avenu group
代表取締役 山森 淳


(後半セッション)

近年、画像認識やテキスト分析、音声認識等、様々な手法によるAI(人工知能)のビジネス活用が話題になっていますが、AIはCRMの分野でも力を発揮します。今回はAIの中でもディープラーニングにフォーカス。顧客リレーションを変えるAI最新事例をご紹介します。

  • AIの革命児 ディープラーニングとは?
  • AIのタイプ別分類
  • 顧客リレーションを変えるAI活用事例

株式会社イー・エージェンシー
取締役 野口 竜司


第三部

【AI x デジタルマーケティング最前線】
~日本のグローバル企業採用でトップシェアを持つサーチエンジン屋の視点から~

人工知能(AI)が3度目のブームを迎えています。自動運転車や人型ロボットなどに人工知能が搭載され、その性能が注目されていますが、デジタルマーケティングの分野でもAI利用は進んでいます。今回はサイトサーチのログを使ったAIデジタルマーケティングの最新事例をご紹介させていただきます。

  • サイトサーチのログ(と、アクセスログ)を使ったAIデジタルマーケティングの最新事例 > 自動車T
  • CRM,BIツールと連動したマーケティングオートメーションの最新事例 > 横河電機

MARS FLAG Corporation
代表取締役 武井 信也


第四部

テクノロジーで進化するアナリティクス

ますます日本国内の事業環境が厳しくなる中で成長が期待されるアジアパシフィック。現地企業の持つ様々なデータを安全に分析・活用しながら、どのように事業を効率化し、収益を向上させるかが生き残りの鍵になってきています。

その取り組みの概要や成功事例をわかりやすく解説していきます。

  • 進化するアナリティクスのテクノロジー
  • アナリティクス活用事例
  • アナリティクスの未来

NTT DATA Malaysia
コンサルティング&マーケティング マネージャー 島村 武孝



講師紹介

公益社団法人 日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会 代表幹事
日本電気株式会社 IMC本部 シニアエキスパート

田中 滋子様

NEC入社後、1996年よりBtoBソリューション系サイトの企画運営、Webマーケティングに携わる。NECグループグローバルWeb統合PJを経て、現在、NECグループのWeb活動全体を統括。2015年より、日本アドバタイザーズ協会Web広告研究会代表幹事も務める。

icomm avenu group

代表取締役 山森 淳

日系広告代理店のマレーシア支社立ち上げを経て、1999年にマレーシアにてデジタルマーケティング事業を支援するicomm avenu groupを起業。2年後の2001年に同社タイ拠点を立ち上げ、マレーシアとタイの両拠点で数々の顧客の成長をサポート。

株式会社イー・エージェンシー

取締役 野口 竜司

(株)イー・エージェンシー でGoogle アナリティクス360 を中心とした行動データやCRMデータ/店舗データ等のデータ統合を推進。さらには統合データを使ったAI(ディープラーニング)による予測モデルの開発や、データ駆動型組織づくりの支援を実施。アドテック東京2018のアドバイザリーボードに就任。

MARS FLAG Corporation

代表取締役 武井 信也

株式会社マーズフラッグ創業者・代表取締役社長。
20代前半イベント・映像制作の Ray に参加し、黎明期のWeb制作に関わる。Ray の株式公開前にサーチエンジンの研究開発会社、株式会社マーズフラッグの前身となる会社を起業する。1999年、GMOの熊谷正寿、穐田誉輝らと広告オークションサイト「株式会社サイバーコム(株式会社アド・マーケットプレイス)」を創業、取締役就任。
2001年DAC(デジタル・アドバタイズ・コンソーシアム)としてナスダック・ジャパンに株式公開・同年取締役辞任。

NTT DATA Malaysia

コンサルティング&マーケティング マネージャー 島村 武孝

2016年に株式会社NTTDATAからNTTDATAマレーシアに赴任。インフラやSAPなど基幹システムの販売導入からRPA、データ分析ツールといったアプリケーションまで幅広く企業のデジタル改革への支援を行なっている。



詳細

日時
2018/6/8(金)13:30~17:00(13:00開場)
定員
35名
参加費
無料
使用言語
日本語
対象
経営/マーケティング/営業/IT ご担当者様
会場
Pullman Bangkok Grande Sukhumvit 内の Function room
住所
30 Sukhumvit 21 Asoke Road, 10110 BANGKOK, THAILAND
地図


ご注意

  • 申込多数の場合は抽選とさせていただきます。
  • 同業者の方からのお申込みはお断りする場合があります。
  • ご本人様確認用に名刺をお持ち頂けましたら幸いです。
  • 都合により、企画の内容が一部変更になる場合があります。



お問い合わせ

icomm avenu (Thailand) Co., Ltd.

電話:02-661-7366-67

メール:[email protected](担当 渡邉)