オフライン広告運用サービス

テレビや新聞、雑誌、フリーペーパー、看板、デジタルサイネージ、交通広告など様々なオフライン媒体を使用して成果に繋げていきます。

オフライン広告運用サービス

オフライン広告とは?

「広告」は、見込み顧客獲得や自社の製品やサービスの認知を獲得するための重要な手法になりますが、広告の中にも様々な種類があります。広告には、オフライン広告とオンライン広告の2種類に分けられます。オンライン広告はウェブ上で掲載される広告で、検索広告、バナー広告、SNS広告などがこのタイプに含まれます。オンライン広告のメリットとしては、効果測定が可能であることと、見込み顧客にピンポイントで広告を表示させやすい点があげられます。これに対してオフライン広告は、テレビや雑誌、新聞、看板などの媒体を利用して掲載される広告です。オフライン広告はエリアを絞り込んだ配信や、露出量に長けていると言えます。新聞やテレビ・屋外広告、交通広告といった広告では広告を掲載するエリアを絞り込むことができるため、アプローチしたいエリアに向けて、重点的に広告を配信することで大きな効果が期待できます。デジタル化の加速によってB2B、B2Cともにインターネットを通じたオンライン広告が非常に主流になってきておりますが、掲載する媒体によって効果や訴求できる対象も異なるため、目的にあったものを選択し、組み合わせながら活用することで効果的な広告戦略を実施できます。

O2Oマーケティング

O2Oマーケティングとは、Web(オンライン)上でのマーケティング活動を実店舗(オフライン)の集客・購買につなげる、またはその逆のオフラインで集客して、オンライン購買に繋げるマーケティング手法です。効果的で測定可能なコミュニケーションチャネルでもあるため、目的やターゲットに合わせて多くの企業に取り入れられています。たとえば、実店舗での購入を促し、引き付けるためのウェブサイトやアプリでのクーポンの配布や、インフルエンサーを活用して製品をオンラインで宣伝したりといった施策が挙げられます。また、その逆の実店舗に来店いただいたお客様(オフライン)をLINEや

Facebook、インスタグラムの自社アカウント(オンライン)に誘導し、継続的にコミュニケーションをとっていくことで商品・サービスやスタッフとの関係を構築・深化させるなど、ブランド力の向上をはかる効果が期待できます。SNS上でフォロワーになってもらったユーザーに対してフォロワー限定キャンペーンなどを実施し、クロスセルやアップセルなどに繋げていく取り組みも成果に期待ができる施策の一つです。

こんなお悩みありませんか?

消費者の生活の中でブランドアイデンティティを構築し、ブランド認知度を高めたい

実店舗への流入数を増やしたい

オフラインマーケティングを実施したいが、どのメディア媒体が見込み顧客に到達するのに効果的かわからない

オフライン広告をオンライン上での販売へと繋げたい

ICOMM AVENUは、お客様の課題と目標について深くヒヤリングをさせていただき、課題解決に向けて効果的なマーケティング活動を提案します!

上記のデータから分かる通り、広告出稿費は以前に比べて減少しましたが、4大マスメディア広告(新聞・雑誌・ラジオ・テレビ) は、テレビが普及され主要な広告媒体として機能してきました。従来の広告の影響力が依然として強く、有益であり、何らかの形でブランドを宣伝できることは否定できません。また、近年ではインターネット普及に伴い、オンライン広告への出稿が訴求され続けています。

主なオフライン広告の種類

1. 紙媒体

従来のマーケティングの一つである、雑誌、新聞、チラシ、パンフレットなどの紙媒体広告は、古くからある伝統的な広告です。記事のように見せかけた広告手法でターゲットにアプローチが可能です。また、トライアル製品や製品パンフレットを合わせて配布することも可能です。 さらに雑誌広告の場合、雑誌ごとに読者が明確であるため、適切な顧客に簡単にアプローチできるという利点があります。

2. テレビ広告

テレビ広告の強みは、短時間で膨大な数の人に到達でき、ブランディング効果が高いことです。番組とタイアップをしたり販売を迅速に促せるための時間制限テレビショッピングなど古くから継続されている手法です。伝送速度が速いため、新製品や新サービスの導入に適していますが、 生産期間とコストは依然としてボトルネックです。

3. 屋外広告

屋外広告は、屋外に掲載される看板などの広告で、OOH(Out-of-home)メディアとしても知られていて、これも古くからある伝統的な広告手法です。雑誌やテレビコマーシャルなどの他のメディアと比較して、さまざまな看板がインパクトを与え、日常生活の中で気づきやすく露出されているのが特徴です。 屋外広告の強みは、商品やサービスに関する情報を、短くて特徴的な言葉遣いの画像や、一般に配布するための動画を通じて宣伝できることです。 街中心である建物の高速道路やBTSの看板のように、1日で多くのトラフィックに到達することができます。

3.1 店頭やデパートの看板

この種類の看板は、売り場の看板やデパート屋内で置かれる看板など、POSで商品を宣伝するのに似ています。

3.2 バスやその他の広報などのモバイル看板

これは、製品やイベントが道路、オフィスビル、または混雑したコミュニティ会場に沿って宣伝される場所です。

4. ラジオ広告

ラジオ広告は4大マスメディア広告のうちの一つで、作業をしながらでも情報をインプットできるメディアとして注目されています。ラジオ広告の強みは、時間帯によってアプローチできるユーザーの年齢層が変わることです。また、各地域にラジオ局があることから、地域企業のプロモーション手法としても適していると言えます。

5. 映画館

映画館での広告配信とは、映画が始まる前の放送時間に配信する広告のことです。 映画館の広告の利点は、すべての性別とさまざまな年齢層に到達できることです。 さまざまなブランドの広告を最初から最後まで配信し到達することができます。

オフライン広告の重要性

顧客接点の効率化

一度に多くのターゲットに向けたアピールができる

特定のエリア/地域をターゲットにした宣伝が可能

露出が保証されている

認知度向上/企業のイメージ向上

オフライン広告とオンライン広告を効果的に組み合わせることで、より良い成果を得ることができます!
お客様の課題解決のためにもっとも効果的な戦略づくりをさせていただきご提案します。

ICOMM AVENUの強み

私たちはアジア地域で最も長い間、お客様の課題解決に焦点を当て、結果を重視してきた日系デジタルマーケティングエージェンシーです。

経験値

私たちはデジタルマーケティング領域で20年以上の実績を持つ専門家です。 B2CおよびB2B企業向けのオンライン広告配信(Google広告、Facebook、Instagramなど)はもちろんさまざまなオフライン媒体のノウハウを専用広告業務のチームで電話、メール、Web会議にいつでも応答できる徹底的なサポートをご提供します。

成果の最適化

広告を掲載し終わりではなく、 配信結果のデータを収集・分析し、PDCAを回しながら、デジタルマーケティング戦略全体を最適化する

マーケティング支援

私たちは、常にお客様と同じ理解に基づいて対策を提案し、実施することが重要であると考えています。オフライン広告で実店舗への来客数獲得が目的であっても、さらにオンラインへどのように繋げていくか、広告運用の支援だけでなく、ビジネスとしていかに売り上げに繋げていくかを など費用対効果の高いご提案をいたします。オフライン/オンライン広告だけでなく、ウェブサイトの改善を含む全体的なデジタルマーケティングのトータルサポートいたします。